20:審判

f:id:noabooon:20160502194203j:plain

 

審判のキーワード

  • 奇跡
  • 逆転
  • 復活

 

審判のカードは、あなたが今抱えている苦悩を一つの物語に見立てたとき、その「クライマックスシーン」が近づいていることを意味します。

映画や物語の世界ではしばしば、クライマックスにおいて「逆転劇」が起きます。

追い詰められる主人公、勝利を確信する悪役、しかしそこで主人公がそれまで積み上げてきた「何か」が奇跡を起こす!まさかの大逆転!主人公の勝利!

…そういうシーンが、あなたの人生物語においても発生する日が近いということです。

 

このカードが出たとき、相談者は「自分自身のこれまでの行い」を見つめ直す必要があります。

これまでのあなたは、

  • 最後に「奇跡が起きる」ような生き方をしてきましたか?

 

もう少しわかりやすく言うと

  • 自分にできる最大限の努力をしてきましたか?
  • 悔いがないよう全力を尽くしてきましたか?
  • 自分だけではなく、みんなが幸せになれる道を通ってきましたか?

 

その答えがYESなのであれば、もう恐れることは何もありません。

あなたがそのままのあなたを最後まで貫き通すことができれば、最後は「奇跡」が起きるでしょう。

 

その答えがNOなのであれば、つまりこれまでのあなたが以下のような状態だったのであれば…

  • 自分にできる努力をせず、いつも他人が変わることばかり願っていた。
  • 全力を尽くさず、他人が救ってくれることばかりを願っていた。
  • 他人を蹴落としてでも、自分だけが救われれば良いと思っていた。
  • とにかく自分のことしか考えていなかった。

 

この場合、クライマックスシーンにおいて、あなたに奇跡は起こりません。

あなたはこれまでの行いに相応な、「それなりの末路」を辿ることでしょう。

 

もしあなたが後者であった場合、今からでも遅くはありません。

これまでの過ちを認め、今からでも出来ることをしましょう。

本気になりましょう。

全力を出しましょう。

自分だけではなく、みんなが幸福になるにはどうしたらいいかを考えてみましょう。

そうすれば、未来を変えることができるはずです。

 

いま、あなたはこう思ったかもしれません。

「現実と物語は違う」

「現実は物語のように、善人や努力した者が報われるわけではない」

 

じゃあ仮にそうだとして、だから何だと言うのでしょう?

例え現実と物語が違うにしたって、「全力を尽くしてる人間のほうが、そうでない人間よりうまくいく可能性が高い」という事実に変わりはありません。

「自分のことばかり考えている人間より、他人のことまで考えられる人間のほうが、協力者を得やすい」ことも変わりません。

 

だとすれば、「自分が成功できる可能性が高い道」を選んだほうが良いに決まっています。

それ以上、なにを考える必要があるのでしょうか?

 

審判の実際のリーディング例(別サイト)

審判 カテゴリーの記事一覧 - タロット占いは当たるのか?