読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タロット占いをより深く理解できる、おすすめ書籍まとめ【中〜上級者向け】

タロット占いを学びたい

f:id:noabooon:20160907042112j:plain

 

  • タロット占いにも慣れてきて、さらなるスキルアップをしたい
  • タロット占いについて、より理解を深めたい。

こういう方は、今回ご紹介する5冊を読んでみてください。

今回ご紹介する5冊は、どれもタロット中〜上級者向け。

どの本も、これまでの初心者向けタロット解説書には全く無かった、ものすごく深い内容が詰まっています!

 

タロット占いをより深く理解できるおすすめ書籍

1:タロットの歴史 西洋文化史から図像を読み解く

全編フルカラーで、タロットカードの「絵」を読み解く鍵となる、西洋美術が数多く載っています!!!

学校にあった「歴史の教科書」のように、タロットの歴史を詳しく解説してくれています。

 

種類の多いマルセイユ版の、意識しなければ見逃してしまうような図柄の差が、細かく説明されていて、「解釈に深み」を与えてくれます。

特筆すべきは巻末の、「タロット関連歴史年表」です。

出自不明のタロットカードが西洋で広まって行く流れと歴史、近代のタロットの誕生と時代背景が、さらりと見渡せる見やすい年表です。

いままで、ありそうでなかったやつ!


解釈の仕方も、スプレッドも、一切載っていません。

しかし、「解釈の根拠」が、この本にはあります。

多くのタロティストの本を読みながらも、自分の解釈に自信が持てない方には、ぶれないリーディングの核が、歴史から授けられるのではないでしょうか。

日本にこれまでなかったタイプの本です。

 

 

2:タロット象徴辞典

一つ前の「タロットの歴史」の著者である井上敦子さんが書いてる別の本!

タロット象徴事典 というタイトル通り、タロットの絵柄に登場する様々な象徴、及びシンボルについて詳細に解説された専門書です!!

結局、なぜどうして、一枚のタロットカードがそのように意味づけられているのかを、伝統的なシンボリズムにさかのぼり、筋道を立てながら、また宗教用語の注釈もつけながら解説してくれています!

ウェイト版の他、ヴィスコンティ版、エステンシ・タロット(シャルル6世のタロットと混同されていたもの)、マルセイユ版についての説明もあります。

図柄の解説の他に、お馴染みの正位置・逆位置の意味があり、こちらは特に恋愛については別枠を設けてくれているので、恋愛関係の解釈幅を広げたい人にもおすすめ!

 

 

3:タロットの書 叡智の78の段階

以前「タロットの独学・勉強に役立つ書籍」で紹介した「タロットバイブル」の著者レイチェル・ポラックさんが書いてます。

翻訳は占い研究家の伊泉龍一さん!

 

大アルカナ、小アルカナ78枚すべてのカードを起源、象徴性、心理学的影響、および歴史的・神話的・秘教的背景の側面から徹底的に解説。

ケルティック・クロスをはじめ、著者のオリジナルスプレッドや生命の木など、スプレッドも豊富に掲載。

キーワードの暗記が苦手で、リーディングがうまくできなかった人も、リーディングの正しい進め方に必ずたどり着けます。

 

英語圏のタロット占い師さんに大人気の一冊です。

僕の知り合いにアメリカ在住の占い師さんがいますが、その人も「絶対読んだ方がいい」と大絶賛でした\(^o^)/

単なるカードの占いの意味ではなく、カードが持つスピリチュアルで哲学的な世界観を知りたいと思っている人には間違いなく本書はお勧めです。

特に神話や歴史と関連づけた大アルカナの解説を読み進めていくと、「占い」を超えたタロットの「深さ」に触れたような気持ちになります。

 

 

4タロット大全と、完全マスタータロット占術大全

最後のこれは、二冊シリーズものになっています。

 

とにかく分厚く、情報量が豊富なことで有名です。

二冊合わせると総ページ数は1000ページ近くに及び、おそらく国内で買えるタロット関連書籍の中では最大ボリューム!

その分お値段はやや高いですが、それだけの価値があります。

 

著者は占い研究家の伊泉龍一さん。

この本を書くにあたり、ものすごい数の文献や書籍を読み漁ったものと思われ、とにかく情報量がすさまじいです。

 

『タロット大全』はどちらかといえば、タロットの歴史や背景の解説が中心。

『完全マスター タロット占術大全』は、より実用的な占い方を網羅した内容となっています。

すでにタロットに詳しい方でも、「そんなこと、今までの日本のタロット本には書いてなかったよ〜」というような目から鱗の情報が満載です。

「海外のタロット事情」まで書いてあります!

 

「大全」の名にふさわしく、これまでの日本のタロットに関する本をすべて足しても、この本の情報量にはかないません。

したがって、ちょっと高めのこの値段も、何冊も他のタロットの本を買うことを考えたら、むしろ安いぐらいだと言えるでしょう。

タロットに興味があって読書好き、という方ならば買って損はしない一冊です! 

 

 

 以上、「タロット占いをより深く理解できるおすすめ書籍」でしたー!